読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pirka ramer

心の美しい光を探しにいく旅のブログ

a priori アプリオリ

“a priori アプリオリ

 

先験的、超越的とかということ

あらゆる経験に先立ち認識される概念

絶対的な正解の認識のこと

 

神とか時間とか宇宙とか自然とか

大きすぎて全貌がよく分からないもの

そういうものに

恐れを抱いたり

妄信的に信じちゃったかと思えば

反応的に拒んだりします

 

確かに、

大きなもの

自分より遥かに抽象度の高いものには

魅せられるし畏怖の念が沸き起こります

 

でも見ている世界は自分の宇宙を映しているだけ

見ているのは自分の宇宙の果てしない深さ

 

世の中に見ているものは全部意識が創り出すから

あると思ったらあるし

ないと思ったらない

逆に見えているものは意識のどこかにあるということ

 

個々が信じたいものを信じ

見たいものを見ている

それでいいと思います

 

権威を示し恐怖を与えたり

絶対的な認識として押し付けたり

そういうのは違いますよね

 

そんな恐れが作る支配構造が続いた時代も長かったけれど

私たちはこれから一段高いステージに進みつつあります

 

宗教も、医療も、占いも、教育もみんな同じ

絶対的なものはありません

自分らしく生きるためのツールでしかなく

答えはそれぞれの胸の中にあります

 

ただ自分という中心点があるのみ

それが共鳴し合ってつながる世界

 

そうそう

これは私の認識に過ぎないのですけどね

 

 

f:id:pirkamer:20170214220416j:plain